てくてくわくわく 街道ウォーク

晴歩雨読。週末の東海道てくてく歩き&ときどき読書のブログです!

第13回街道ウォーク 風祭→箱根湯本②

街道ウォーク・風祭→箱根湯本の後半です。

湯本の道祖神の近くでお昼ご飯を食べて、再び歩き始めます。

 

風祭からも道は緩い勾配でしたが、この辺りからは、はっきりと上り坂を意識するくらいの道になってきました。

 

白山神社

白山神社の入り口を上ると、最初に見えたごっつい岩。なんだ?

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520233954j:plain

 看板の説明によると、くくりひめという天照大神の伯母さんが降臨した岩だそうで、関東大震災の時にも動かなかったので、勝負の神様として信仰を集めているそうです。小田原攻めの時、この岩を背に秀吉が一夜城の戦略を練ったとか。秀吉め!!!

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234206j:plain

 

 本殿です。境内暗くて、ちょっと怖いかな・・・・

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234044j:plain


早雲寺

 早雲寺は白山神社の向かいです。こちら山門。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234344j:plain

 実は山門はちょうど工事中で、くぐることはできませんでした。迂回します。

 

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234414j:plain

 本堂です。なかなか立派です。早雲寺は北条二代氏綱が創建したお寺です。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234638j:plain

 

 というわけで、こちら北条氏五代のお墓。因みに五代とは、早雲、氏綱、氏康、氏政、氏直。五代もそろうと、なんだか壮観。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234801j:plain

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520234932j:plain

 

 境内には、江戸中期の俳諧師・稲津祇空のお墓と、室町時代の蓮歌師・宋祇法師のお墓があります。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235023j:plain

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235104j:plain

 稲津祇空と宋祇法師についての説明板をアップします。気になる方は拡大してご覧ください。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235216j:plain

 

 

 

 

石垣神社

  石垣神社の入り口は目立たないので注意。大丈夫かな? なんかちょっと怖そう・・・ まずは鳥居の下の説明の看板を読んでみましょう。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235311j:plain

 

 起源はよくわからないけれども、秀吉の小田原攻めの時に鬼門除けとなったと伝えられています。この地域に大きな災害が起こっていないのも、この鬼門除けの神社の御利益だと言われているらしい・・・

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235347j:plain

 

 へー、そうなんだとわかったようなわからないような。とにかく行ってみようと狭い急な階段を登り始めましたが・・・

 石段の隙間から草がちょろちょろ生えていて、進むうちにだんだん草ぼうぼうに。白状すると私、葉っぱ恐怖症です。噛みつくような葉っぱ、つる植物とか苦手。なので、こういうのも得意じゃないんです。特に今成長著しいとある植物は本気で苦手で、よく日陰に生えてるんだけど、たくさん生えていると頭がキンコンキンコンしてしまう。名前を文字にしてもキンコンしちゃうので、伏せますね。

 葉っぱ恐怖症の人って、たまにいるのかしらん。高所恐怖症とか尖端恐怖症とかは割とメジャーだけど。水玉模様恐怖症って人もいるから、私の場合は葉っぱ恐怖症と言っていいと思う。

 あ、話がそれましたが、つまり何が言いたいかというと、苦手な葉っぱが足元に増えてきて、ギブアップしました。この先は、くろやぎ(同行人・夫)が写真を撮ってきてくれました。

 

 なんと、こんな歩道橋を渡ったそうです。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235418j:plain

 

 小さなお社がありました。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235500j:plain

 戻ってきたくろやぎにお礼を言って、葉っぱ恐怖症から立ち直り、気分を変えて次のお寺を目指します。


正眼寺

  正眼寺は、曽我兄弟のゆかりのお寺として知られています。境内に、曽我兄弟にまつわる数々の史跡・文化財があるのですが、これがなかなか見つかりませんでした。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235639j:plain

 境内の入り口にある説明板が唯一の手掛かりと言っていいくらい。看板の左下の案内図が最終的に決め手になりました。

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235724j:plain

 それでは、無事に見つけることができた史跡・文化財を紹介します。

 

 曽我兄弟の供養塔

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235812j:plain

 

 松尾芭蕉句碑

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235850j:plain

山路来て なにやらゆかし すみれ草

 

曽我五郎の槍突石

f:id:kaz-mt-wisteria:20180520235940j:plain

 

 文化財ではないけれど、足湯もありました。ご自由にどうぞ、ですって!

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000023j:plain

 

 チェックポイント、残すところあと4つ。少々集中力がとぎれてしまったのか、

道祖神を行き過ぎてしまい、戻りました。

 


道祖神

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000242j:plain

 こちらが、一度通り過ぎてしまった道祖神。紫陽花にうもれて、確かに目立たなかったです。

 

男女双体道祖神

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000339j:plain

 湯村茶屋があったという場所にある道祖神。その名も「茶屋の道祖神」です。石の祠と男女双体道祖神。お供え物の夏みかんがかわいい。小さいけれどほのぼのしてます。

 

一里塚跡

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000424j:plain

 本日二つ目の一里塚跡です。日本橋より二十二里目。

 

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000523j:plain

 右手に一里塚があります。いつの間にか、このような山間の狭いくねくね道に変わっています。


馬の飲み水桶

  先を行くくろやぎが、怪しい動き。ゴミ箱のふたを開けて中をのぞいている?

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000657j:plain

 と思ったら、これが最終チェックポイントの、馬の飲み水桶でした。

 

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000746j:plain

 江戸時代の馬立場で、馬が水を飲んだところというのはわかる。でもこれがその時の水桶ってのは、ホントかなあ? いや、このような説明もあるし、本当なのでしょうけど。

 

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000814j:plain

 馬の飲み水桶は、「湯本茶公会堂」という小さな平屋の建物の玄関わきにあります。

 

 水桶の場所の先から、石畳の道が始まります。いよいよ石畳!

f:id:kaz-mt-wisteria:20180521000843j:plain

 

 次回はここから箱根の関所跡を目指します。

 10時3分に風祭駅を出発し、14時45分に石畳入口に着きました。4時間43分、16227歩のウォークでした。

 

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。近日中に、風祭→箱根湯本のまちなみウォッチについてアップします。また訪ねてくださると嬉しいです。

 

 

 


にほんブログ村