てくてくわくわく 街道ウォーク

晴歩雨読。週末の東海道てくてく歩き&ときどき読書のブログです!

藤沢→茅ケ崎 「はとり亭」のラーメン

 12月10日(日)、第7回街道ウォーク 藤沢→茅ケ崎を実行しました!

 ですが、今回はいろいろ反省が・・・。本来は次の宿場の平塚まで行きたいところを、チェックポイントをじっくり見たいからという理由で茅ケ崎までにしたのですが、最初のうち油断していて藤沢宿でのんびりしてしまい、結果茅ケ崎まで完歩できませんでした。

 前回、ふじさわ宿交流館で、よさげなパンフレットをたくさんGETできたことをいいことに欲が出て、東海道ではない遊行寺通りもチェックしたこと、宿場に残る蔵をチェックポイントに加えたこと、蔵のひとつが、奥まったところにあってなかなか見つからなかったことにより、藤沢宿にかける時間が当初のつもりよりはるかにオーバー。藤沢本町の近くの白旗神社に着くまでに、すごく時間がかかってしまいました。この時点で、まだ白旗神社だと、焦り始めたのですが、その直後のチェックポイントの、とあるお寺がなかなか見つからず、膨大なロスタイム。しかも、もしかしてそこまで頑張らなくてもよかったかもという感想のお寺でした。(すみません。街道ウォーク的に、という意味で、です。見どころとか、よくわからず) ロスタイムが予想される場合は、見つからないときは引き返す判断も必要かなと反省しました。その次のチェックポイントの某神社は、街道から結構外れていたので、断念。

 お寺が見つからないときは、風がピューピュー吹いてきて、割とみじめでした。冬だなぁと思いました・・・ 気分を変えるために、遅いお昼にしました。なんと14時近く。

 終着点を辻堂の駅に変えることも考えたのですが、日没まで(写真撮影可能時刻まで)行けるところまで行こうということにして、お昼の後は、ロスタイムを取り返すべく、ガンガン歩きに歩いて・・・茅ケ崎高校前で、タイムアウトとなりました。

 日没後もてくてく街道を歩きました。茅ケ崎駅までたどり着かなければなりませんから。本村というバス停まで来たところで、ちょうど茅ケ崎駅行のバスに乗れたのは、本当にラッキーでした。ちなみに、この本村という交差点の近くにチェックポイントの海前寺がありました。もちろん、時間が遅いので見学は無理でしたが。次回は、茅ケ崎駅からここまでバスで来て、海前寺から街道ウォークをスタートさせることになりますね。ちょっとロスですけれど、この程度のロスで済んでよかったです。

 いろいろ消化不良みたいなことを書いてしまいましたが、藤沢宿をじっくり見ることができたのは、よかったと思います。古い町並みとか土蔵とか、街道ウォッチャーとしてとても興味があったので、こうなったのはむしろ必然だったのかも、とも思います。

 それと、今日のお昼ご飯は当たりでした。先ほども書いたように、疲れていて気分転換に、本当にすぐそこにあったラーメン屋さんに入ってしまったのですが、とても美味しかったのです。羽鳥という交差点の近くにある「はとり亭」というお店です。イチオシメニューの「鶏そば」を頼んでみました。実をいうと、ラーメンならやっぱりチャーシューでしょ!と内心思っていたのですが、やわらかくておいしい鶏肉で、スープも優しい味でした。化学調味料を使わずに、素材を大事に、丁寧に作っている、みたいなことがお店の中の貼り紙に書いてありました。納得。若い男性と、やはり若い女性の二人でお店を回していて、お客さんが割とたくさんで忙しいはずなのに、感じよい対応でした。もう行くこともないと思うけど、とてもいいお店だったなあとしみじみ思い出しています。

 明日から、順次、ウォークの様子をレポートします。また訪ねて来てくださると嬉しいです。

f:id:kaz-mt-wisteria:20171210235420j:plain

f:id:kaz-mt-wisteria:20171210235450j:plain

f:id:kaz-mt-wisteria:20171210235618j:plain

 

 

 


にほんブログ村