てくてくわくわく 街道ウォーク

晴歩雨読。週末の東海道てくてく歩き&ときどき読書のブログです!

浮世絵

 浮世絵ウォーク 小田原

次回ウォーク「国府津→小田原」での浮世絵スポットは、酒匂川。広重さんの「東海道五十三次」(保栄堂版)で描かれています。 まず、画をアップしますね。 酒匂川については、前回のブログにも書きましたが、小田原宿に入るまえに越さなければならない大きな…

 浮世絵ウォーク 大磯

次回のウォーク、平塚→大磯は、広重さんの「東海道五十三次」(保永堂版)のビューポイントが二カ所もあります! というわけで、前回に続いて浮世絵についてお付き合いください。 今回の浮世絵はこちら。「大礒(虎ヶ雨)」 舞台は大磯宿の東端です。棒鼻を…

 浮世絵ウォーク 平塚

広重さんの「東海道五十三次」(保永堂版)と街道をめぐるための事前チェック。今回は「平塚縄手道」の画です。 平塚宿の境界を示す杭が道の手前に立っているところから、平塚宿を抜けて大磯へ向かう道を描いているものと思われtます。平塚宿と大磯宿の境は…

 浮世絵ウォーク 藤沢

東海道の浮世絵を訪ねる旅、今回はこれ。歌川広重の「東海道五十三次」藤沢(遊行寺)です。 製作時期は天保3年(1832)~天保4年(1833)。板元は保永堂 です。 *ちなみに、お断りするのが今になってしまいましたが、これまで取り上げてきた画も保永堂版です。…

浮世絵ウォーク 戸塚

今週末も雨予報。亀の歩みが固まって石にならないように、浮世絵ウォークを戸塚まで進めましょう。 今日の浮世絵はこちら、歌川広重『東海道五十三次』の「戸塚 元町別道」です。 「元町別道」と題されていますが、描かれているのは現在の大橋とその西側に位…

浮世絵ウォーク 保土ケ谷or戸塚?

季節外れの台風のお蔭で、週末街道ウォークも足止めをくらっております。次までのつなぎとして、神奈川、戸塚、保土ケ谷の浮世絵を順に見てきましたが、「あれ? 何か忘れてない?」と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんね。そう、葛飾北斎の『富嶽三…

浮世絵ウォーク 保土ケ谷

題名が「新町橋」となっていますが、「帷子橋(かたびらばし)」のことです。慶応元年(1648)に東海道のルート変更が行われたことに伴い、この橋の先の宿場町が保土ケ谷宿の東に移転したことから、このあたりは「新町」と呼ばれていました。 絵を見てみまし…

浮世絵ウォーク 神奈川②

神奈川宿の様子を描いた浮世絵と言えば、これ。歌川広重の『東海道五十三次』の中の、神奈川「台の景」という1枚です。JR東神奈川の駅の改札口を出たところに、この絵が通路の壁面を飾っており、「街道ウォークの駅なんだ!」と前回嬉しくなってしまったこ…

 浮世絵ウォーク 神奈川①

毎日毎日、よく降る雨です。秋の長雨ですかねぇ・・・ 明日は神奈川→保土ケ谷を予定していたのですが、あきらめます。雨の中を歩くのは、みじめですからね。 そこで、街道歩きの計画や報告の日々はちょっとお休みして、浮世絵についてあれこれ調べてみようと…