てくてくわくわく 街道ウォーク

晴歩雨読。週末の東海道てくてく歩き&ときどき読書のブログです!

先取り

見どころはここ⁉ 国府津→小田原

昨年9月から、思い立ったら吉日の勢いで始めた東海道てくてく歩き。 最初は「小田原辺りまでなら行けるんじゃない?」と始めたのですが、くろやぎ(同行人・夫・黒やぎの(てくてくわくわく 街道ウォーク)番外編主宰者)の後押しもあって、「やっぱり、京都三…

先取りふむふむ 大磯→国府津

次回のウォークは国府津までです! 次の宿場は小田原ですが、17.0㌔もありますからねえ・・・ 国府津でいったん区切ります。 それにしてもチェックポイント、たくさんあるなぁ。 ここでいうチェックポイントとは・・・ 初回から街道ウォークのバイブルにして…

先取りふむふむ 平塚→大磯

あけましておめでとうございます。本年も当ブログを、どうぞよろしくお願いいたします。 今年1年で、どこまで歩みを進めることができるでしょうか。早く行きつきたい気持ちもありますが、ひとつひとつ丹念に観たいという思いもあります。一回のウォークで、…

先取りふむふむ 茅ヶ崎→平塚

次回ウォーク、「茅ヶ崎→戸塚」の準備を始めます。例によって街道ウォークのバイブル『ちゃんと歩ける東海道五十三次』(八木牧夫 山と渓谷社)のチェックポイントを中心に、事前チェックをします。 海前寺 八王子神社 松並木 一里塚跡 旧寛永寺石燈籠 円蔵…

先取りふむふむ 藤沢→茅ケ崎②

藤沢→茅ケ崎ウォークの事前チェック後半は、茅ケ崎市に入った所からです。 松並木 明治天皇御小休止跡碑 上正寺 地蔵堂 千手院 廣徳寺 熊野神社 旧道痕跡 牡丹餅立場跡 東海道の松並木碑 海前寺 八王子神社 松並木 一里塚跡 松並木 明治天皇御小休止跡碑 上…

先取りふむふむ 藤沢→茅ヶ崎①

このタイトルを見て、「あれ?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。そう、茅ケ崎は宿場町ではないんですよね。宿場と宿場の間の「間の宿」と呼ばれるところらしいです。そのことについては後日、「クローズアップ茅ケ崎」で記事にしますね。 さて、な…

先取りふむふむ 戸塚→藤沢②

次回の事前チェック後半は、藤沢市内に入った所から見ていきましょう。 旧東海道松並木跡碑・遊行寺の一里塚 小栗判官墓(長生院) 一里塚跡 江戸方見付跡 諏訪神社 遊行寺・藤沢敵味方供養塔 遊行寺橋(高札場跡・江ノ島神社一の鳥居跡) 紙問屋(桔梗屋) …

先取りふむふむ 戸塚→藤沢①

本日より、次回ウォーク、戸塚→藤沢の事前チェックに入ります。本来ならば、保土谷→戸塚のお宝特集(歩いてパチリした説明板の数々)をアップするのですが、今月のファイル利用量が早くも66%になってしまいました。写真のアップをしばらく抑えめにするため…

先取りふむふむ 保土ヶ谷→戸塚②

次々回の「先取りふむふむ 保土ケ谷→戸塚②」、境木地蔵を過ぎると、保土ケ谷宿から戸塚宿の管轄になります。武蔵国に別れを告げて、これより相模国に入ります。 説明が見当たらなかったチェックポイントは空欄になっていて、当日のお楽しみです。 21.萩原…

先取りふむふむ 保土ケ谷→戸塚①

9月半ばより始めた週末街道ウォーク、亀のような歩みでなんとか神奈川宿まで来たものの、このところの長雨で、滞っています。 「浮世絵街道」で一休みしていましたが、「先取りふむふむ」(事前チェックのことです)を、次々回のウオーク、保土ケ谷→戸塚まで進…

先取りふむふむ 神奈川→保土ケ谷②

「先取りふむふむ」神奈川→保土ケ谷 後半は、神奈川区から西区に入ったところからスタートします。 16.勧行寺 文禄4年(1595)開山。境内に天然理心流という剣法の開祖・近藤内蔵助長裕のお墓(供養塔)があります。新撰組の隊長・近藤勇はその4代目。 1…

先取りふむふむ 神奈川→保土ケ谷①

第4回東海道ウォーク 神奈川→保土ケ谷について、今日から準備を始めます。(この頃、明けても暮れても、東海道のことを考えている自分が、ちょっとこわい・・・ 大丈夫、ちゃんと仕事もしております。) 今度の行程は5.1㌔(一里九町)。これまでより格段に…

先取りふむふむ 川崎→神奈川 

街道ウォークを2回やってみて思ったこと。それは、「やっぱり、名所・旧跡について、ある程度の知識を入れておいた方が楽しいなぁ」ということ。 街道ウォークのバイブルでルート重視のガイドブック、『ちゃんと歩ける東海道五十三次』(八木牧夫 山と渓谷…